記事一覧

何のために商売をする

 長野バス事故は承知の通りです。高橋社長とは、20年くらい前に名刺交換をしたことがあります。当時は中古車販売会社の営業部長でした。
 バス事業の前の商売は警備会社をやっていたといいます。
 儲かりそうな商売に手を出すように見えます。
 すでにある商売に参入する場合は、よほどの戦略がない限り価格競争なります。今回も価格の話が出ているのは、周知のとおりです。
 普通の人が思いつくのは価格を下げることです。価格で勝負できるのは、その地域のNO.1企業だけです。2位以下は価値で勝負しない限り生き残れません。