リンク集:スーパーコピーブランド専門店 ,ロレックス時計スーパーコピー ,ウブロ時計スーパーコピー ,パネライ時計スーパーコピー ,オメガ時計スーパーコピー ,ルイヴィトンバッグスーパーコピー ,グッチ財布スーパーコピー

記事一覧

当分の間休みます

 気になる情報は、当分の間休みます。
 当分といっても9月には再開します。
 8月は次の本(30冊目)を書くために集中いたします。

続 嬉しい新聞記事その5

 嬉しい新聞記事5は、目標についてです。
 新井社長は、企業人とは、明確な目標を持ち、限りなく挑戦していく人のことを言うのだと考えます。現状に甘んじることなく改革をつくりだす人。
 強い情熱と向上心で常に成長し、問題に直面した時に逃げずにしっかり捉える人。今、企業が求める人材とは、そういう人です。

 小生は、人間は目的・目標を持っていれば、情熱的になれます。 情熱的になれば、好奇心、向上心が持てるようになります。
 結果、成長できるようりなるので、人のためになると言っております。
 

続 嬉しい新聞記事その4

 嬉しい新聞記事4は、一生学歴に頼って生きるほど、社会は単純ではありません。私が(ルミネ社長 新井良亮氏)就職したころの名だたる企業のほとんど淘汰されました。
 生き残る企業、生き残る人材を育てるには、現実や現場に立ち会わせ、多く経験させることです。

 その通りだと思いませんか。
 新井社長の言うことを実行できる人が生き残れる社員であり、実行できるよう環境を作れるところが生き残れる会社だと思います。

続 嬉しい新聞記事その3

 嬉しい記事3は、10人の社員がいたら1人のエリートをつくるより10人が1歩ずつ前に出る組織のが強い。

 1人のスーパースターがいても10人分の活躍はできません。
 10人のレベルが10%上がったら10人で、11人分の仕事をしていることになります。10%のレベルアップならできると思いませんか。

続 嬉しい新聞記事その2

 その2は、「経営側が将来の計画、つまり夢を語らなければ、物事は進みません。そして社員がトップと同じ意識を持つことが最も大切です」。
 
 支援先に商売繁盛計画書を作成してもらう時に、「夢・希望」を先に考えてもらい言葉(文章)にしてもらいます。
 組織力を発揮するためには、「理念、方針、スローガンが必要です」と言っている小生には、嬉しい記事です。