リンク集:スーパーコピーブランド専門店 ,ロレックス時計スーパーコピー ,ウブロ時計スーパーコピー ,パネライ時計スーパーコピー ,オメガ時計スーパーコピー ,ルイヴィトンバッグスーパーコピー ,グッチ財布スーパーコピー

記事一覧

人間はマイナス思考

「人間はマイナスしこうだな」と改めて感じました。
 というのは次の本のモデル気仙沼三菱・千田社長に原稿を校正していただきました。
「こんな書き方では困ります」と言われたらどうしょうと考えている自分に、「俺もマイナス思考なんだな」と思いました。

 校正の終わった千田社長から「良くまとめていただきました。ディーラーの生き残る方法のヒントがたくさん書いてあって、勉強になります」といっていただき安心しました。

 29冊目の本ですが人間、少しは弱気のところがあって調度いいのかもしれません。

再開いたします

 気になる情報再開いたします。
 本日29冊目の原稿を書き終えました。2年間本の原稿を書いていなかったせいか、まとめ方、書き方が鈍ったようです。

 年に1冊は本を出したいと思っておりますが、今の出版社は「売れる本か」が先で、「いい本か」は後回しのような気がします。
 売れない場合は著者に買わせる傾向が強いため、書き手も腰が引けるようです。

 今度の本は日刊自動車新聞紙社から発行いたします。タイトルは決まっておりませんが「ディーラーは顧客満足では生き残れない」を考えています。

 発行が決まりましたらネットでも申し込めるようにしますので、その時はよろしくお願いいたします。
 発行は1月になると思います。

当分の間休みます

 ちょっと気になる情報は、当分の間休みます。
 当分の間とは、11月末までと考えております。
 理由は次の本(29冊目)の原稿があるためです。

人のやらないことをやる

 昨日、高根沢会員の方から「ぶどう」が贈られてきました。
 皮ごとと食べられる「ぶどう」なので小生も食べられます。
 皮ごと食べられる「ぶどう」は、リスクが高いのでやる人は少数のようです。
 「ぶどう」でも私たちの商売でも、人と同じことをやっていれば価格競争に巻き込まれてしまいます。
 価格競争で勝つためには、販路を多く持っていまいと儲かりません。小さい会社は、価値勝負です。価値とは、そこにしかないものです。わざわざそこから買う、わざわざ行く店です。

剣道も商売も一緒

 第57回全日本東西対抗剣道大会が、山形県・上山市であったので見に行ってきました。
 次の3つを特に感じました。

1.評価するのは自分以外の人
 自分では「1本とった」と思っても、評価するのは審判の先生です。
 商売もそうです。「いい仕事をしている」と思ってもお客様が商品・サービスを買ってくれなかったら「いい仕事をしている」と はいえません。

2.油断しない
「どうして危ない間合いで気を抜くのだろう」と思う8段の先生が何人もいます。そこを打たれて負けています。「油断大敵」とはよく言ったものです。

 商売でもそうです。気を抜いているとお客様を他社に取られてしまいます。

3.攻めは最大の防御
 ある8段の先生は、自分からどんどん攻めて行きます。一方の8段の先生は、応じ技が得意な先生のため、「来てから応じよう」と思っていますので、どうしても遅れます。
 時間とともに攻めている先生に2本取られてしまいました。

 商売もそうです。攻めているから攻勢でいられるのです。